事業の運用フェーズに入る

事業の運用フェーズに入る

正直センターピンには程遠いガーターの様な様子の時も多々有り、そのような状況は早急に違うセンターピンに変更したビジネスを進めるのがベストですね、こういったものはよく「ピボット」等と言われます。独立事象としてセンターピンは何なのか?これは私が戦略の中心として心積もりていた事で、ビジネスの運用フェーズに居た時の事ですね。

このセンターピン理論はかなり基礎的かつ肝心な見解ではないでしょうか?「それは言われるまでも無くもちろんの事。と勘違いしてしまうのはビジネスの命取りとなり、ビジネスの責務者はいつもこれは本当のセンターピンなのか如何にかを疑うべきですね。

思われがちなセンターピン理論ですが、その実物凄く奥が深くて語り出したらキリが有りません。「貴方のビジネスのセンターピンとは何ですか?」ほくほくと思ったビジネス大抵反対にこう尋ねるのは私の癖となりつつありますね。

センターピンとは違うものをこれがセンターピンなんだ。


ホーム RSS購読 サイトマップ