利益に対してしっかり責任を負う

利益に対してしっかり責任を負う

稲盛名誉会長の言語である「全社員が関わってこそ法人経営で一握りの幹部だけで行うものではない、企業内の組織を詳細にしてどこが成果を出しているのかを明確にする事が全社員参加の経営の元である。

全社員が利益にそれに対し責務感を持ち収支を経営者に任せるのではなく自らたちで管理する事、それが全社員が経営に関わっていると言う事なのです。

腹積もりが大事にされています、これをアメーバ経営と言うのですね。小さな集団ごとのリーダーが経営者のの如くその集団の経営を行います

そのようなアメーバ構成の元で社員たちはリーダーと共に自らたちの利益を最大限にしようと努力と独自性を重ねて毎日業務に励んでいるのですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ